記事一覧

カード活用で電話代を安くする方法とは?

私はつねづね「クレジットカードこそ、家計節約の切り札」だと主張しています。とくに最近は、電気代や新聞代、ガス代など、日常生活に密着した支払いがカードでできるようになってきました。もちろん、電話代も例外ではありません。こうした日常的な支払いをカードに代えることで、いままでにないメリットを得ることができます。まず第一に、電気、ガス、電話などの公共料金を口座振替にしておくと、月末に五月雨的に引落しになって、なかには残高不足になるものも出る可能性があります。

それに比べると、クレジットカード払い一本にしておけば、27日なり、10日なり、カードの引落日にまとめて落ちますから、いちいち残高を気にすることはなくなります。しかも、カード支払いに応じて、どっさりとポイントが貯まりますから、実質的な割引になってお得です。これが家計の節約につながるのです。とにかく、公共料金をカード払いにしておくと、それだけで寝ていてもポイントが貯まるしくみになっています。これぞ、カード活用の醍醐味というものです(電気・ガス代は関西電力、大阪ガスでカード払いが可能です)。

しかし、電話代については、以前ほどうまみがなくなりました。4~5年前までは、NTTや日本テレコムなど、各キャリアが競って一定額以上の市外通話の利用があれば10~20%引きという大盤振る舞いのサービスを実施していました。ところが、マイラインとIP電話が登場したせいで、こうした割引サービスはまったく聞かれなくなりました。残念なことですが、その代わり、別の分野でお得になるものが出てきました。携帯電話がそれです。

これまで携帯電話は、ドコモ以外はカード払いができたのですが、業界トップのドコモだけはできませんでした。そのため、カードサービスを考えるうえでも携帯電話の分野は寂しいものでした。しかし、2002年9月からドコモも毎月の電話料金をカード払いで受け付けてくれるようになりました。これで、携帯電話の料金はすべてカード払いが可能になったのです。私でさえ、毎月の携帯電話料金を2万円以上払っていますから、ドコモのカード払い受け付けは大歓迎でした。